歯科衛生士の声

歯科衛生士 佐々木

歯科助手として天白会に就職して2年目の時に、「衛生士になろう」と決めて、一旦退職したのち歯科衛生士として出戻ってきました。

他のクリニックで就職するという選択肢もありましたが、結局天白会でした。

理由は環境です。Drも先輩DHも他いるスタッフも仲がいいんです。そこが決め手でした。初めはキャリアもなく先生から注意されることもあったので、週4日でも辛かったですが、しっかりフォローもしてくれる環境だったことと責任感をすごく感じることができるシステムなのでやりがいがありました。歯科衛生士として担当した患者さんが検診時に口腔ケアが改善されたりしてると嬉しくなります。

今では、週4日の勤務体系のおかげで休日が充実しています。まとめて休みを取ることもできるので、定期的に小旅行しています。とてもいいバランスで仕事ができています。

歯科衛生士 藤崎

実績給は魅力の一つでした。先生ではよく聞く話ですが、歯科衛生士の業界では珍しいと思います。しっかり、自分の与えられた患者さんを診ることで実績がつきます。

スタート時、毎日一人でも多くの患者さんを診よう!と、決めていましたが、これは違っていることをすぐに教えられました。一人一人の患者さんに満足してもらえる処置をしていかなければ、信頼を得ることはできなしですし、結果的に患者さんの足が遠のくばかり。

数ではなく、患者さんの立場に立って、どうすれば満足してもらえるかを常に考えながら歯周病予防や治療、検診の重要性を伝えています。

天白会は純粋な歯科衛生士業務に徹することができるし、お給料も満足しています。

しいて言うなら、歯科医院の休診日がないので、先生やスタッフ全員で何かするときは診療後になってしまうところがデメリットかもしれません。